冷凍庫が壊れてしまった(´Д`)

当店が現工場を建てたのは2017年10月でした。早11年が経過します。その間、冷凍機などは交換もせず毎日毎日もくもくと働いてきてくれたわけですが、とうとう一台根を上げてしまいました。

8月1日コンプレッサーがウンともスンとも言いません。おり悪くこの夏はずーっと酷暑。毎日35℃前後の気温でした。この冷凍庫はコンテナ冷凍庫のため屋外に設置しています。そのため熱波には弱い。酷使しすぎました。ごめんなさい。

これがコンテナ冷凍庫です。20フィートコンテナと行って6メートルの長さがあります。お肉ですと大体13トンくらい入ります。これに満杯お肉が入っていました。

さて、そんなことをのんびり考えている場合ではありません。10トンのお肉を救出しなくては。早速近くの冷凍倉庫に搬入する依頼をしました。通常は急な依頼は断られるのですがこちらの事情をご理解頂き保管させて頂けることに。運びました。軽トラで・・・。保冷車はこれしか無かったんです。10回以上往復しました。だいたい5トンですね。

この軽トラックで運びました。冷蔵庫になっているので解凍せずに運べます。また倉庫も10分ほどの近くの倉庫でしたので運ぶのは楽でした。回数が大変だったけど。

残りはメインの冷凍庫へ。こちらもお盆を前に大量の商品を在庫していたのでかなり狭かったのですが、なんとか無理矢理ぶち込みました。もう動けない。そのため、加工作業が一切出来なくなりました。とにかく作っても入れる冷凍庫がないんだからどうしようも無い。

そんなこんなで、苦闘の一週間でした。ようやく修理が終わったのは平成30年8月9日(木)、1日しっかり冷やして10日にお肉を持ってきました。翌日はお盆休業で出庫が出来ないため、1日で運ばないと行けません。その日も1日仕事にならず。お盆前だというのに商品がどんどん無くなっていく・・・。

そして・・・怒濤のお盆です。おかげさまでお盆期間中は市内の人口が倍にふくらむという米沢のお盆。懐かしいふるさとに帰ったときに食べたいものは、米沢ラーメンと義経焼。
そうなんです、昔から食べてきたものが一番美味しい。ということで今回も店頭は長蛇の列。

「買いに来たけど、すごい混んでたから帰った」とかお叱りを頂いちゃいました。ほんとうに申し訳ありません。

それにめえちゃん食堂です。連日ご予約で満席。何組のお客様にお帰り頂いたことか。残念ですがっかくたのしみにしていらして下さった義経焼楽しんで頂けませんでした。昨日は仙台から食べに来たんだけど・・ということで、お席がご用意出来ずにお肉を購入して下さったお客様も。

そんなこんなで、もちろん売りきれた商品を補充する余裕など一切なく、平成30年8月18日(土)の時点でほとんどなくなってしまいました。誠に申し訳ありません。
がんばって復旧できるように努力していきますので何卒ご理解の程お願い致します。

良い機会なので冷凍庫を綺麗に洗いました。綺麗な冷凍庫はいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です